陶磁器展示場

自作の陶磁器をヤフオク等で出品、販売しております。

斑唐津 盃

 

f:id:Kirsch:20161002001603j:plain

f:id:Kirsch:20161002001605j:plain

口径:約8×7センチ 高さ:約3センチ

唐津風の盃です。失透性の釉で、分層した感じ。水色のベースに淡い黄色の膜が張っている。

f:id:Kirsch:20161002001609j:plain

f:id:Kirsch:20161002001610j:plain

見込みは溶け不足のように見えますが、ザラザラ感はなくサラッとした感じがします。より黄色が強い。

f:id:Kirsch:20161002001619j:plainf:id:Kirsch:20161002002443j:plain

鉄分の少なめの石を胎土にしています。溶着を剥ぎ取ったあとがあり少しぐらつきます。実際の土の色はもう少し茶色みが強い感じです。全体に照りが出ていて、かなりガリっと焼けた雰囲気。

 

人気ブログランキングへ

 

 

無地唐津 茶碗

f:id:Kirsch:20161002005611j:plain

f:id:Kirsch:20161002005614j:plain

口径:約14×13センチ 高さ:約8センチ

無地の唐津風の茶碗です。釉はしっかり溶けていますが、照りがなく少しベタッとした感じ。コゲが目立つ焼き上がりです。高台は上の方に節があるタイプの竹の節高台。

f:id:Kirsch:20161002000801j:plainf:id:Kirsch:20161002000805j:plain

見込みにかすかな石はぜやピンホールがあります。水に濡らすと雨漏り状にシミが広がります。使い込むと味がつくと思います。

f:id:Kirsch:20161002000809j:plainf:id:Kirsch:20161002000810j:plain

土は堆積岩を精製して胎土にしています。焼けた感じのある高台に仕上がっていると思います。

 

人気ブログランキングへ

青唐津 筒盃

f:id:Kirsch:20161001235646j:plain

f:id:Kirsch:20161001235652j:plain

口径:約7×6センチ 高さ:5センチ

上記の茶碗と同じ釉薬です。

 

f:id:Kirsch:20161001235658j:plainf:id:Kirsch:20161002000453j:plain

土は茶褐色で、細かく生成した堆積岩。縮緬皺がかすかに細かく出ています。全体的に照りが出ており、ガリッとした質感です。

 

f:id:Kirsch:20161001235657j:plainf:id:Kirsch:20161002000452j:plain

見込みは結晶が目立ち、キラキラしています。条痕というより、禾目のように釉が流下しています。

 

人気ブログランキングへ

青唐津 茶碗

 

f:id:Kirsch:20161001234058j:plainf:id:Kirsch:20161001234102j:plainf:id:Kirsch:20161002010710j:plain

口径:約13×12.5センチ 高さ:約7センチ

唐津風の茶碗です。釉薬はよく溶けているが、厚い部分は靄がかかったようなつや消し状、薄い部分は透明感がある。釉薬はかなり黒っぽい緑ですが、灰釉なので青唐津としました。

 

f:id:Kirsch:20161001234116j:plainf:id:Kirsch:20161001234114j:plain

見込みに粒上の結晶がありますが、指に引っかかる感じはありません。釉溜まりは非常に深く美しい緑に発色していると思います。

f:id:Kirsch:20161001234119j:plainf:id:Kirsch:20161001234120j:plain

少し粗めで茶褐色の堆積岩を胎土にしています。しっかり焼き締まっています。規則的で細かい縮緬皺。釉薬との境は少し照りも出ています。

 

 人気ブログランキングへ