陶磁器展示場

自作の陶磁器をヤフオク等で出品、販売しております。

斗々屋の釉質

 

kirsch.hatenablog.com

主に釉薬について。全体的なことは上のリンクをご覧ください。

斗々屋は普通の透明釉のことも多いが、それ以外にもいくつかパターンが有る。その中でサラサラした、粒感のあるものに近づけないかと思い試行錯誤してみた。

こう言った粒感は比較的単純な長石主体の釉薬でも似た感じになるが、そうすると今度は焼くのが難しい。長石は溶けてから流れるまでの温度帯の幅が広い(ただ焼くことを考えた場合)使いやすい釉薬だが、その幅の中で温度や時間によって表情を変える。しかし、このサラサラ感は古作の中ではそれほど稀なものではないため、この様になりやすい組み合わせを探ってみた。

f:id:Kirsch:20180325193837j:plainf:id:Kirsch:20180325193845j:plain

粒感がしっかりしている。ただし、少し粒径が大きくざらつきがある。

 

f:id:Kirsch:20180325194224j:plainf:id:Kirsch:20180325194229j:plain

見込みは粒感と溶け具合のバランスがちょうどよく出ていると思う。外側は少し溶け気味か。

斗々屋の轆轤目について補足しますが、「霞」や「

 

以下のサイトでも販売してます。

www.creema.jp